• 新規ご検討中の方: 03-4455-7869
  • 現在ご利用中の方: 03-6205-3222

レンタルオフィスと、通常のオフィス。違いを徹底比較!

  • Print

審査基準はどんな違いがある?

賃貸物件といえば入居する際に審査があるのは当然のことです。これはもちろん賃貸オフィスにも当てはまります。通常のオフィスは入居審査を受けなければならず、その審査は一定の時間がかかります。それがレンタルオフィスの場合は入居審査が比較的早くなっているのが通常です。
通常のオフィスは長期賃貸となるケースが多く、家賃の支払いが滞るリスクがないか詳細に審査をされることになる一方で、レンタルオフィスの場合は一般的に短期間の契約となります。契約期間が短いのであれば、家賃不払いやオフィスの使用状況に問題がある場合でもリスクは最小限に抑えられるため、通常のオフィスよりも審査が緩くなりやすい傾向になっています。

コストはどれだけ違う?

賃貸物件を借りる場合、イニシャルコストをできるだけ抑えたいと考えるのが一般的です。敷金や礼金、仲介手数料などが無ければ助かるでしょう。レンタルオフィスならこれらの費用がかからないことが一般的で、業者によっては保証料が必要ないところもあり、そのメリットは大きなものとなります。ただ、家賃は通常のレンタルオフィスよりも割高になるのが通常で、最終的なコストは契約前に比較したいところでもあります。
他にも、事務所として借りるなら、内装にも費用がかかります。居抜きのオフィスならまだしも、スケルトン物件を借りると費用も時間もかかります。その点、レンタルオフィスは最初からオフィスとしての形ができていますので、コスト軽減につながります。そして、コストは設備の面においても決定的な違いがあります。

オフィス設備が圧倒的に違う!

通常のオフィスを借りると何かと用意しなければならないものがあります。デスクにOA機器、応接セット、会議スペースなど必要な物は多岐にわたります。一方、レンタルなら最初からオフィスとして必要な物は殆ど揃っていますので、直ぐに業務にとりかかることができます。対応が早い業者であれば契約をした当日から使用可能ということもあり、業務の空白時間を作ることなく、さらにコスト削減をして引っ越しをしたい起業家や法人企業にとって大きなメリットがあるでしょう。但し、設備の内容や契約から使用可能になるまでの時間はレンタルオフィス業者によって異なるものであり、事前の比較が大切です。