• 新規ご検討中の方: 03-4455-7869
  • 現在ご利用中の方: 03-6205-3222

会社を作る時に頭を悩ませる「初期費用」を抑えるコツとは?

  • Print

*事務所の費用を抑える方法とは?

会社を作る場合、事務所は自宅でいいというケースもあります。自宅であれば新たな追加コストはまったくかかりませんので、資金面では最善の方法といえるかもしれません。しかし、会社の住所を自宅しなければいけなくなりますから、プライベート情報の流失リスクを抱えることになるでしょう。また、打ち合わせに来た顧客が「小規模な会社だ」という印象を持つ可能性もあり、信用の面で不利になる可能性もあります。自宅は家族と暮らす場所でもありますから、仕事とプライベートを分ける観点でも難点があるかもしれません。かといって、立派な賃貸オフィスを借りるのはコスト面で無理が生じるでしょう。そこで候補となるのがレンタルオフィスです。このタイプのオフィスは低コストで契約後すぐに利用できますので、起業したての会社の強い味方となるでしょう。

*事務機器購入コストを低減する方法は?

会社を作って事務所が用意できたとしても、それだけで業務を開始するのは難しいでしょう。オフィスで使う最低限の事務機器は揃える必要があるからです。代表的なものとしては、電話やコピー機、ファックス、そして事務机などが挙げられます。これらをすべて購入することは、設立したての会社にとって資金的に大きな負担となるでしょう。もちろんレンタルやリースを使うことでコストを抑える方法はありますが、事務所フロアの配線やメンテナンスの連絡等、事務機器を使っていくにあたっての手間はかかるはずです。そういった問題点を解決してくれるのがレンタルオフィスです。レンタルオフィス契約をすると、事務所として使えるスペースが手に入るだけでなく、共用の事務機器がすぐに使用できる状態になります。レンタルオフィスを利用することで事務機器の面でも資金的負担を減らすことが可能になります。

*電話対応の人件費を節約できる!

会社を作った当初から従業員を雇うのは、人件費の負担を考えると難しいケースも多いでしょう。そのため、一人もしくは少人数で事業をしていくことになるかもしれません。しかし、顧客からかかってきた電話の対応を考えると専任で電話対応をしてくれる人がいた方が有利になります。ところが、少ない社員で営業活動を行っていると顧客からの電話に出られないこともあるかもしれません。せっかくの受注のチャンスを逃してしまうことになる可能性もあります。設立当初の会社にとって、受注チャンスは逃したくないのが当たり前。そういった場合は、レンタルオフィスに付帯している電話代行サービスを使うと効果的です。従業員を雇うよりも圧倒的に安いコストでサービスを利用できるはずです。このサービスを使えば、安心して営業活動に専念しつつコストも抑えることができ、一石二鳥なのです。