• 新規ご検討中の方: 03-4455-7869
  • 現在ご利用中の方: 03-6205-3222

経営者の考えるオフィスの悩み

  • Print

作業効率や信用に影響!事業におけるオフィスの位置づけ

経営者は、不動産物件を購入し自社所有の事務所にするか、賃貸オフィスを借りるかをまず判断する必要がありますが、ここでは、賃貸オフィスを選択した場合を考えてみます。経営者が賃貸オフィスを探す場合、検討すべき要素は主に二つ考えられます。

一つは、事業の規模や仕事内容に合ったオフィスのサイズにすることでしょう。適切なサイズの物件を借りれば、仕事の作業効率が向上するはずです。また、事業を始めてからも会社の規模の拡大や縮小によって、オフィスも借り換える必要があります。場合によってはレンタルオフィスが最適というケースもあるかもしれません。

もう一つの要素は、立地です。物流の面や従業員の利便性、そして対外的な信用を考慮して賃貸オフィスの場所を選ぶことになるでしょう。

広さ以外の要素でも悩む!オフィスの快適さと仕事の効率

賃貸オフィスの選択で悩む要素の一つはオフィスのサイズです。しかし、オフィスのサイズが同じ物件でも、フロアの形、部屋の向き、階数によって作業空間の雰囲気は大きく変わってくるはずです。オフィスのサイズまでは事前に考えているかもしれませんが、日当たりや通風、窓の景色までは見取り図に書かれていないケースがほとんどでしょう。

しかし、こういった細かい要素が従業員に対して大きな影響を与えることがあるかもしれません。作業効率が良くなれば経営にとってはプラスでしょう。もちろん条件が良くなれば賃貸料はアップするでしょうから、悩みながらもコストと利便性を両立する最適な物件を探す努力が必要です。

いい場所に借りたい!立地と賃貸料のバランスをとる

オフィスは対外的な事業の顔といえるかもしれません。取引先や顧客が訪れた時に、「不便な所にあるな」と感じるか「都内の一等地に事務所が構えられる会社なのか」と思うかによって、会社に対する印象が大きく変わってくるでしょう。そのため、経営者は、都内の一等地に借りて対外的な信用アップはもちろん、交通の利便性も確保したくなるでしょう。

悩むのはコストとのバランスです。経営者によって考え方が違ってくるでしょう。例えば、会社の将来の発展を先取りするために、いい場所にオフィスを出してアピールを先に行う方法もあれば、身の丈に合った資金で借りられるオフィスを選ぶ方法も考えられます。どちらかが正解というものでもありません。そのため、オフィスの立地と事業規模が把握できれば、その事業の経営者の考え方の一端を理解できるかもしれません。